Works (実績写真)

ファサード

ファサード

あらや

☆玄関から作業場の入口にわたり木製の玄関庇を設けました。作業場の高窓には直射日光を避け、外観のアクセントとなるように竪格子を設けました。

☆外壁はガルバリウム鋼板と一部木目調サイディング、屋根は銀黒色の平板瓦を葺きました。


むろ

高井邸ファサード☆南向きの日当たりの良い敷地に建つこの家は1階は開放的に大きな窓をとり、2階はバルコニーの手すり壁によって外からの視線を遮断し、明るさのみ取り込めるようにしました。

☆全体的にモノトーンのサイディングで仕上げ、玄関の目隠しとなる立格子をアクセントとなるようにアマゾンジャラの木を無塗装で施工しました。


ひろいし

☆片流れと切妻を合わせた一見、平屋と思うような外観です。

☆ガルバリウム鋼板のカクロクと木目調サイディングを併用して落ち着いた和調となるよう意識しました。

☆切妻部分の軒は約3尺出して夏の強い日差しを避け奥行き感のある外観となりました。


かみひらい

☆本宮山から吹き降ろす冬の風を感じさせないよう大きな壁を設け、玄関付近やデッキのあたりにはぬくとい時間が流れます。

☆夜にはアップライトがモザイク調サイディングを玄関の両側から照らし、平面的ながら奥行き感のあるファサードを演出します。


さとう

☆鋭角も含めた五画の敷地、その内三方は接道しているため南東に玄関・ガレージ・庭・バルコニーを備えたファサードを設けました。

☆切妻屋根の平入りとなりました。


ほそかわ

☆片流れ屋根にポーチ。玄関ドアを少し隠しながら明かりを取り込む様に木製格子をあしらいました。

☆1階のタタミコーナー、2階の子供部屋、小屋裏収納と縦に揃えた横長の窓とその上下を木目調サイディングに張り分けファサードのアクセントとしました。


こざかい

☆2004年に建てた我が家です。明治期の洋館建築をイメージして煉瓦の外壁に和瓦葺きにしました。外部建具はアルミと木の複合サッシを使いました。

☆Pan-Brickというスライスレンガと断熱材が一体となった外壁材を張った為、外気の熱を遮断して夏も冬も快適に過ごしています。